保育士試験、造形の実技試験ってどんな試験?練習におすすめの本は?

スポンサーリンク

こんにちは!保育士の樹宮いちご(@15kinoko_tw)です。

筆記試験を受験されたみなさん、お疲れさまでした!

今回の試験で実力を発揮できた方、あと一歩だった方も、正式な合否通知が出るまでは落ち着かないですよね。

今回は、造形試験について、どのような試験なのか、合格までどのように取り組めば良いのかをお伝えしますね。気分転換も兼ねてお読みいただければ嬉しいです。

造形試験ってどんな試験?

まずは受験申請の手引きの内容について、今一度おさらいしましょう。

保育の一場面を絵画で表現する。
求められる力:保育の状況をイメージした造形表現(情景・人物の描写や色使いなど)ができること。
●表現に関する問題文と条件を試験の当日に提示します。
●当日示される問題文で設定された一場面を、条件を満たして表現しなさい。

受験申請の手引きより

「当日、試験会場で発表されるお題の条件を満たす絵を描く」ということですね。

当日の持ち物は…

注意1:当日の持ち物(試験中机上に置けるもの)
①鉛筆またはシャープペンシル(HB~2B)
②色鉛筆(12~24色程度)
※1 水溶性色鉛筆の使用も可としますが、水分を塗布することは不可とします。
※2 クレヨン・パス・マーカーペン等の使用は不可とします。
※3 色鉛筆ケース(筆箱等)を机上におくことは可とします。
※4 摩擦熱で消える色鉛筆は、温度変化により絵が消える可能性があるため、使用は不可とします。
※5 携帯用鉛筆削りを会場内に持ち込むことは可としますが、試験時間中に使用する場合は、試験監督員の了解を得てから
使用してください 。
※6 受験者の間での用具の貸し借りは認めませんので、忘れないように注意してください。

③消しゴム
④腕時計
(アラーム等の音が鳴らないもの。計算機、電話等の機能のついていないもの。置時計不可。)
上記①~④において、「人物の形をしたイラスト入りのもの」は机上に置けません。(使用不可。)
注意2:試験時間は45分です。
注意3:解答用紙の大きさはA4判とします。紙を描く枠の大きさは縦横19cmとします。(紙の種類は試験の
当日に提示します。)

受験申請の手引きより

ということで、試験時間は45分間、筆記試験の時の持ち物以外に「色鉛筆」が必要となります。

「45分で、色鉛筆を使って、A4判の紙の19cm×19cmの枠の中に、当日発表される問題文の条件を満たす絵を描く」試験となります。

45分で何を描くか決めて、下書きして、色を塗らないといけないんだ!なかなかハードだね。

実際かなり慌ただしい45分になります。時間配分も含めてコツコツ練習して行くことが大切です!

造形試験の採点基準は?

「絵のテスト」と言われると、人を感動させられるような絵を描かなくては…と思いそうになりますが、この試験では芸術性が問われているわけではありません

再度引用となりますが、求められているのは…

保育の一場面を絵画で表現する。
求められる力:保育の状況をイメージした造形表現(情景・人物の描写や色使いなど)ができること。
●表現に関する問題文と条件を試験の当日に提示します。
●当日示される問題文で設定された一場面を、条件を満たして表現しなさい。

受験申請の手引きより

ということです。

細かい採点基準は公表されていないのですが、私は…

  1. 人数や場面など問題文で設定された条件を満たしている
  2. 何をしているところか伝わる
  3. 色遣いや表情などでこどもたちへの愛情が感じられる

この3点を満たすことが重要であると解釈しています。

絵が上手いかどうかより、与えられた情報を絵の中に描き表すことが重要です。

具体的にはどんな問題が出題されるの?

私が受験した、平成30年度の後期試験の課題をご紹介しますね。

【事例】を読み、次の4つの条件をすべて満たして解答用紙の枠内にその情景を描きなさい。

——-

【事例】H保育所の5歳児クラスの子どもたちが、ホールで折り紙の紙ひこうきを作っています。保育士に教えてもらいながら、みんなで思い思いの紙ひこうきを作って飛ばし楽しく遊んでいます。

平成30年度 後期試験

えっ!?どんな絵を描いたら良いのか想像つかないよ??

ある程度出題のパターンがありますし、過去問で練習していくうちに描けるようになって来ますから、心配しないでくださいね。

ほとんどの場合、室内または屋外での保育の一場面について「◯歳クラスの子どもたちと保育士」を描く問題となっています。

背景パターンや、乳児/幼児/保育士の描きわけができればそれなりに描けるようになって行きますので、コツコツ取り組めば合格できますよ。

ちなみに、私の答案を再現した線画はこちらです。実際には色鉛筆で色を塗らなければなりませんが、イメージできましたか?

どうやって練習したらいいの?

実際の問題を見たら思っていたより大変そう…。どうやって練習していったらいいの?

人物と背景の描きわけを練習してから、どんどん過去問を解いて行くのがおすすめです

まずは、乳児/幼児/保育士の描きわけ、背景の描きわけを練習しましょう。

ある程度描けるようになったら、時間配分などを考えながら過去問をできる限り解くと良いでしょう。

過去問をたくさん解いていると、自分なりの描きやすいパターンができてくるので、そうなればしめたものです。

また、他の人の真似するのも上達のコツです。

このブログでも、私が練習で描いたものもたくさん載せて行きますので参考にしてくださいね!

造形試験の練習に役立つ本は?

最後に造形試験の参考になる本をご紹介しておきますね。

線一本からはじめる伝わる絵の描き方

この本は「絵が下手な人でも、相手に伝わる絵が描けるようになる」という、まさに造形試験の練習にうってつけの本です。

「絵心がなくても描ける!」と大きく描いてあるのが心強いです。

この本の通りに練習していけば、「何をしているところか伝わる」答案が作成できるようになりますよ。

ほいくえんのいちにち

この絵本は、タイトル通り、保育園の朝から晩まで1日の様子を表した絵本です。

朝の支度の様子、お散歩、園庭遊び、給食、お昼寝などなど、まさに造形試験に出る保育のシーンが描かれているので、とても参考になります。

私は特に、保育室や園庭など背景を描くときに参考にしていました。


今日は造形試験に挑戦される方へ、どのように取り組めば良いのかをお伝えしました。

絵心がなくても、伝わる絵が描ければ合格します。コツコツ練習して行きましょう。

このブログでは、おすすめの色鉛筆、練習の仕方、過去問の作例なども載せて行く予定ですので、お楽しみに!

スポンサーリンク