今のうちに揃えておこう!保育士試験(筆記試験)受験時におすすめの文房具

2019-04-05

スポンサーリンク

こんにちは!保育士の樹宮いちご(@15kinoko_tw)です。

今日は保育士試験を受けるときにおすすめの文房具をご紹介します。

試験直前に慌てないためにも、今のうちに揃えておくと良いですよ。

鉛筆派におすすめ!太芯のシャープペンシル「大人の鉛筆」

ご存知の通り、筆記試験はマークシート方式の出題です。

受験の手引きには、筆記具については「HB~Bの鉛筆またはシャープペンシル」と記載されていますが、鉛筆だと芯が折れた場合に削らないといけないので、鉛筆よりはシャープペンシルの方が使い勝手が良いですよね。

勿論、普通の0.5mm芯のシャープペンシルでも十分ですが、私がおすすめするのは、太芯のシャープペンシルです。

芯が太いシャープペンシルなら、マークシートを塗る時間が短縮できます。

「マークシート用シャープペンシル」として、各メーカーから芯の太さが1mm以上のものが発売されていますが、私が使っているのは北星鉛筆の「大人の鉛筆」です。

大人の鉛筆の写真

「大人の鉛筆」はマークシート用という訳ではないのですが、他社のマークシート用シャープペンシルの芯が1.3mm程度であるのに対し、「大人の鉛筆」は2mm。一般的な鉛筆と同じ太さなんです。

また、軸が木製で六角形なので、握った感触も鉛筆とほぼ同じ。濃さもBなので、しっかり書くことができます。

鉛筆派だけど削るのが面倒で…という方もぜひお試しください。

替え芯も忘れずに購入してくださいね。

消しゴムは濃い鉛筆も綺麗に消せる小学生用がおすすめ

マークシートのグリグリと塗りつぶした跡を消しゴムで消すのって、意外と大変ですよね。

マークシート用の消しゴムは、小学生用の消しゴムがおすすめです。

小学生用の消しゴムは、濃い芯でも消しやすいように作られているので、グリグリしたところも消しやすいんですよ。

B/2B対応となっているものが多いですが、6B対応のものもあります。筆圧が高い方は6B対応でも良いかもしれません。


いつも使っている文房具を改めて見直すことってあまりないですよね。

気になるものがあれば、是非使ってみてくださいね!

スポンサーリンク